釜石どうぶつ病院について

釜石どうぶつ病院 / KAMAISHI ANIMAL HOSPITAL

住所: 〒026-0043 岩手県釜石市新町4-1
TEL: 0193-25-0512 / FAX:0193-25-0521
駐車場: 6台

診療時間
・午前 9:00〜12:00(受付〜11:30)
・午後 15:00〜17:30(受付〜17:00)
休診日: 毎週火曜日(ホームのカレンダーをご参照下さい)

院長: 鈴木 仁史 / Hitoshi Suzuki(獣医師)

釜石どうぶつ病院正面

院長紹介

釜石どうぶつ院長 鈴木仁史
院長 鈴木 仁史(獣医師)

1975年 釜石市生まれ
2001年 日本大学農獣医学部獣医学科卒業
2001年 動物病院アニマルライフサポート勤務(横浜市)
2006年 釜石どうぶつ病院開業
2015年 釜石どうぶつ病院新店舗移転

釜石どうぶつ病院の鈴木仁史です。釜石で9年間診察をしてきて、飼い主様の我が子(動物)に対する意識の高さを日々感じています。

当院では、病気や治療法、予防に対する理解を少しでも深めてもらうために、コンピュータを用い、飼い主様と対話しながら、理解、納得されるまで丁寧に説明することを心掛けております。

来年開業10年目に突入いたしますが、「初心忘れるべからず」をモットーに、これからも皆さまのお役に立てるよう努めて参ります。

施設紹介

病院外観
フロアマップ当院のフロアマップ

診療室の診療機器

kizai_01スリットランプ・トノペン
(奥)スリットランプ:まぶたから硝子体前方までを詳しく観察し、(手前)トノペン:眼圧を測定します
kizai_02耳鏡/眼底鏡
(左)眼底鏡:眼底を観察します(右)耳鏡:耳の中を観察します
kizai_03顕微鏡
細胞診や糞便検査を行います
kizai_04エコー①

処置室の診療機器

kizai_05エコー②
kizai_06内視鏡
消化管内異物の摘出や、組織検査に用います
kizai_07麻酔器・生体モニター・人工呼吸器
kizai_08超音波スケーラー・ボリッシング
歯石除去後、歯の表面を磨きます
kizai_09セルタック・ドライケム・AU10
貧血の有無や白血球の増減、生化学検査、内分泌ホルモンの測定を行います
kizai_10顕微鏡②
血液凝固検査機血液凝固検査機
血液の凝固異常の有無を検査します
ICUICU1・2
呼吸器疾患や心疾患を持つ動物の酸素・湿度・温度管理を行います

手術室の診療機器

kizai_11麻酔器・生体モニター・人工呼吸器②
kizai_12温風マット
手術中の動物の対応低下を防ぎます
kizai_13ソノサージ(上)糸を使わずに血管や組織を超音波振動で凝固・切開 / 電気メス(下)高周波電流を流して加熱蒸発させることで切開したりタンパク質を変性させて凝固し止血します
kizai_14CR
レントゲンをコンピュータにてデジタル画像処理を行います
kizai_15レントゲン
X線でレントゲン撮影を行います
kizai_16心電図モニター
入院中の動物の心拍管理や不整脈の診断に用います